Home > 各学年 > 2年次生 Archive

2年次生 Archive

工業の授業の紹介

先日工業技術基礎の今年度の授業がすべて終了しました。

今年も大きなけがもなく無事実習を終えることができました。

授業で製作した作品をほんの少し紹介します。

 

写真はデジタル時計の製作(3年次)とメモフォルダ(3年次)の製作です。

デジタル時計はすべての部品の役割を学習しはんだ付けします。また、メモフォルダの製作では木材、アルミニウム、真鍮を加工します。

 

 

旋盤で真鍮を加工しています↓ ボール盤でアルミニウムに穴をあけています↓

 

 

 

次の写真は2・3年次のアーク溶接実習です。材料の切断から溶接、塗装までを行います。

左が3年次の作品でブックエンド、右が2年次の作品でペン立てです。

 

 

高速切断機で材料の切断↓ 材料を溶接しています↓

 

 

旋盤や高速切断機での加工、溶接では大きな音や火花が出るので最初怖いイメージがありますが、約束事を守って手順通りに作業すれば安全に使用することができます。生徒の皆さんも徐々に慣れ、硬い金属が削られたりつながったりすることに面白さや遣り甲斐を感じてきています。

 

工業技術基礎は2年次と3年次で履修でき、それぞれ6テーマずつの実習を行います。

2年次「金属の手仕上げ」「電気回路測定」「シーケンス制御実習」「折りたたみ椅子の製作」「スクラッチプログラミング」「アーク溶接」

3年次「ペンフォルダの製作」「上級プレゼンテーション」「インターフェースプログラミング」「3DCGものづくり」「電気回路製作」「アーク溶接」

 

この授業を通してものづくりの面白さを知り、工業系の進路に進んでいく生徒も多いです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

修学旅行最終日の様子その2

お昼と午後2時まで、道頓堀の散策です。

テレビでよく見る、立体的な看板があちらこちらに掲げられており、迫力がありました。

カニの脚、動いてました!

あの有名な、えびす橋!

阪神タイガースが優勝すると、阪神ファンがここからダイブするわけですね。

ドンキの観覧車も有名ですよねー。

さて、楽しい時間は過ぎ、大阪空港のバスプール脇での解団式の様子です。

教頭先生からの講評。

そして、修学旅行委員の乙坂くんのお礼の言葉の後は、添乗員さんと写真屋さんからもお言葉をいただきました。

そして、無事仙台空港に到着し、バスで帰庄となりました。

事故なく終えることができ、良い思い出作りが出来たのではないかと思います。

さて、次は気持ちを切り替えて、自分の進路に向かっていくことになります。

自己実現目指して頑張りましょう。

おわり。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

修学旅行最終日の様子

本日、修学旅行最終日となります。

午前中は、大阪城の見学です。

最終日ということで、だいぶ疲れが見える表情の生徒が多かったように思えましたが、最後の力を振り絞り見学です。

バスガイドさんが、城内を案内してくれ、わかりやすく説明してくれました。

天気に恵まれ、最高の見学日和です。

天守閣からは、大阪市内が一望できました。

遠くには、日本一高いビル、あべのハルカスが見えました。

金のシャチホコは、ご機嫌に反ってました。

見学後は、道頓堀に移動して散策となります。

ひとまず、おわり。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

修学旅行3日目の様子その2

午後は、USJです。

 

皆さん楽しんでいました。

楽しい時間はあっという間に過ぎますね。

気付いたら周りは薄暗くなってました…

皆さんで、宿舎に向かいとぼとぼ歩きました。

明日は、大阪城見学と道頓堀の散策です。

そして帰路につきます。

おわり。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > 各学年 > 2年次生 Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top